天使の溜息ブログ

日常をちょっぴり豊かに

ごめんよ清澄白河

f:id:soupirdange:20220919092918j:image

清澄白河

東京は下町情緒あふれて、水辺の景色も楽しめる街である。

これは私個人の無知さからくるものであるが、

正直「清澄白河って何があるの」と思っていた。

だからわざわざそこへ赴く事はない。

別に知り合いがいるわけではないし、贔屓にしているお店や場所があるわけではない。

ただ無知であるという事は怖いものである。

人生初の清澄白河が私をあんなにも夢中にさせるとは。

 

数年前仕事の諸用で清澄白河に降り立った。

早々に仕事が終わった私は、「さて、どうしたものか」と時計を確認する。

12時40分…

ちょうど飯時である。

そう言えば朝からまだ何も食べていない。

「何が腹に入れて帰るか」と店を探しはじめる。

いかんせん清澄白河ははじめてだし、清澄白河に何かを期待しているわけでもないので、目当ての場所などあるはずもない。

そこで「清澄白河 ランチ」で検索。

f:id:soupirdange:20220919092927j:image

すると「深川めし」なるものがあるらしい。

たっぷりのアサリを甘辛く煮た丼である。

これは旨そうだ!

早速一番近くにありそうなおススメ店へ行く。

平日ではあったが、店内は激混み。

どうやら海外からの客も何組か混ざっているようだった。

まぁ、後の予定がある訳ではないので、

気長に待つ事にする。

待ち時間に清澄白河に「何があるのか」を調べてみる。

すると……あるわあるわ!

どうやら清澄白河は近年「カフェの街」としてにわかに注目を集めているらしい。

お洒落で個性的なカフェが目白押し。

にわかコーヒー通の私は好奇心を抑えられずに、

出された深川めしを掻き込む。

美味い!

ぷりぷりとしたアサリの食感、程よくだしの効いた茶飯、シャキシャキとしたネギのアクセント。

深川めしは私のテンションをいとも簡単にマックスまで上げた。

腹が満ちた私はいざ「カフェの街、清澄白河」を堪能しようぞ!と勢い勇んで出発した。

f:id:soupirdange:20220919093727j:image

まずは「ブルーボトルコーヒーフラッグシップショップ」

まさかのブルーボトル日本進出一号店である。

何故清澄白河に?

f:id:soupirdange:20220919093908j:image

という疑問はあるが、広々とした店内とお洒落な雰囲気に包まれて実に心地良い。

お決まりのインスタ写真を撮るという俗っぽさを存分に発揮して次の目的地へ。

そこはスマホ検索中、一発で私のハートを射抜いたのである。

カフェ「The Cream of the Crop Coffee」

f:id:soupirdange:20220919092918j:image

清澄白河駅周辺からはかなり歩くが、「カフェを一目見ずには帰れない」と不慣れな街を散策しつつ向かう。

途中アメリカのお洒落なガレージ風のケーキ屋があったりと、私の清澄白河評価をグングン上げてくる。

f:id:soupirdange:20220919093947j:image

そして歩きに歩いて、ついに到着!

焙煎工房がそのままカフェになった「The Cream of the Crop Coffee」。

f:id:soupirdange:20220919093928j:image

店内は重厚な焙煎機に囲まれ、今まさにガラガラと豆が焙煎されている。

これでもかと、漂うコーヒーの香ばしい香りに包まれて至福の時を過ごす。

f:id:soupirdange:20220919093936j:image

最高だ。

もはや言うことはない。

この清澄白河という土地は私の無知をそれこそ打ちのめした。

私はただただ頭を垂れるしかない。

ごめんよ清澄白河(笑)

 

いつもクリックありがとうございます♪ 

↓   ↓   ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村