天使の溜息ブログ

日常をちょっぴり豊かに

違いが分かる風な男

f:id:soupirdange:20220919094326j:image

私は「違いが分かる男」ではない。

でも、いつもカッコつけて違いが分かる風にする。

洋服にせよ、食事にせよ。

まぁ、これらは自分の内なる面でのことなので、

他人に迷惑はかけてない。

なんとなく眉間に皺を寄せ、したり顔で物色する。

内なる面だからなんとかなっているが、

コレを人前でやったら興醒めである。

中でも私が「違いが分かる」風にしてしまうのが、

コーヒーである。

f:id:soupirdange:20220919094341j:image

いかにも蘊蓄ありげな感じに一口飲んでは、

余韻に浸る。調子の良い時などは一口コーヒーを含み、おもむろに目を閉じてワインのテイスティングよろしく味わったりするのである。

こんな時はもはや誰の手にも負えない。

でもやはり自分の内なる面だけの事なので問題ない(でも側から見たら怖いだろうが)

グアテマラは蜂蜜の様な甘味が……

ブラジルはフルーティな味わいで……

まさに蘊蓄の受け売りをずっと内面で発している。

正直、コーヒーのマニアックな部分など分かるはずもない。

にわかバリスタなのだから。

f:id:soupirdange:20220919094359j:image

それでもコーヒーは好きなので、拘りたい気持ちなのだ。

カフェに行っても、一応飲まんとするコーヒーの特徴を確認して、やはり分かった風で味わう。

そしてお決まりのインスタ用の写真を女子のように撮るのである。

もちろんインスタにそのカフェのコーヒーがどうとかといった蘊蓄は語らない。

あくまで自分自身の価値観は自分の中に留める。

ただ単純に「今日は◯◯の何々コーヒーを頂きました」的な程度である。

f:id:soupirdange:20220919094431j:image

数年もそんなくだらない自己満足を続けていたが、ひとつ発見もあった。

それはインスタで写真を見返した際に、意外と舌が記憶として覚えているという事だ。

◯◯のコーヒーはかなり酸味がきつかったな、

または◯◯はさっぱりと飲みやすかった等など。

「違いが分かる風」なにわかバリスタなのだから、細かい産地や特徴を述べられる訳ではない。

でも画像からハッキリと味が連想出来ているのには自分自身驚いた。

f:id:soupirdange:20220919094447j:image

「ひょっとしたら、違いが分かる男かも……」と密かに思いながら、今日も違いが分かる風に装うのである。

 

いつもクリックありがとうございます♪ 

↓   ↓   ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村