天使の溜息ブログ

日常をちょっぴり豊かに

黄昏を覚えたカフェ

f:id:soupirdange:20220815232319j:image

私にはお気に入りのカフェが幾つかあるというのは

先日のブログに書いた。

俗に言う「映える」とか「お洒落」といったものを

超越した場所……

すなわち私にとってそのカフェに行く「目的に適う」コンセプトが大事なのである。

東京都調布市つつじヶ丘。

この東京郊外のしかも築60年近い集合住宅内にそれはある。

f:id:soupirdange:20220815232751j:image

手紙舎本店。

これはカフェ好き、雑貨好きな方であればご存知の方も多い。

ここはひとりで過ごす素敵な時間を保障する。

レトロな団地の広場の片隅にさり気なくある

超素敵なカフェ。

大きなヒマラヤ杉を眺めながら、

ゆっくりと過ごす時間は至福である。

f:id:soupirdange:20220815233156j:image

店内はどこか懐かしく、

新しさよりも古めかしさが目に優しい。

f:id:soupirdange:20220815233308j:image

素朴で味のある陶器たち。

これらの食器を使い、

これからはじまる至福時間に胸を躍らせるのである。

ランチのおすすめは豆のチリコンカン。

f:id:soupirdange:20220815233520j:image

見た目もイイが、味はもう最高に美味!

盛り付けに使われたプレートや

木のスプーンもランチの付加価値を確実にあげている。

そして、見てほしい!

f:id:soupirdange:20220815233743j:image

この何とも可愛らしいオテフキを!

これは流石に使えない。

静かにポケットに入れてテイクアウト。

静けさの中で響く、客たちの営みの音。

何と心地良いことか。

f:id:soupirdange:20220815234104j:image

食後はゆっくり本を読むもよし。

テラスで風の音を聞くもよし。

ただただボーッと黄昏れるもよし。

f:id:soupirdange:20220815234317j:image

昔からせっかちな私が、

驚くほど時間を贅沢に使うことのできる手紙舎本店。

そう、

ここは私に黄昏を覚えさせたカフェなのである。

 

ランキング参加中ですので、下記のバナーを押して下さいね♪

↓   ↓   ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

 

 

 

癒しの旬を味わい尽くす!

f:id:soupirdange:20220816001314j:image

モノには旬がある。

魚や野菜など食べ物の旬であれば、

栄養価が高く、一番美味しいとされる。

エンタメの旬は

話題性と高揚感からくる喜びが最も感じられる。

f:id:soupirdange:20220816001647j:image

では、草花はどうか。

もちろん旬はある。

季節の移り変わりを感じ、愛でるといったところか。

ただし中にはエンタメ性や場所などの

旬を含む花もある。

それが桜と向日葵。

f:id:soupirdange:20220816002030j:image

特に辟易とする猛暑日には

目で見て癒され、元気を授けてもらえる向日葵には

毎年お世話になっている。

向日葵を拝む時ばかりは、今が夏であることに感謝し、空に向かって伸びをする姿に

元気とヤル気を充電する。

f:id:soupirdange:20220816002616j:image

だから、桜が散ると儚いように

向日葵が枯れて頭を垂れると「今年も夏は終わりか」

と切なくなり、

やっぱり自分はしっかりと夏を満喫していたのだと気付く。

この夏の癒したる向日葵も、

今年もそろそろ見納めである。

f:id:soupirdange:20220816002859j:image

だからもう一度今年最後の癒しの旬を味わい尽くしたいのだ。

出会う向日葵をなるべく写真に収め、

そして「また来年」と声をかける。

 

ランキング参加中ですので、下記のバナーを押して下さいね♪

↓   ↓   ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

クセが強いパッケージ

f:id:soupirdange:20220816005854j:image

以前ブログにてご紹介した

実に「ツッコミ処満載」のコーヒースタンド、

その名もジャームッシュ(すでに閉店してるが)

店名から什器、店内のBGMまで、

あらゆるところでクセの強いこのジャームッシュだが、

実は一番クセの強いのはまさにコーヒーなのである。

f:id:soupirdange:20220816010320j:image

や、コーヒー自体はちゃんと美味しい。

クセが強いのは、

このパッケージなのである。

コーヒースタンド故にコーヒーはテイクアウトだ。

だからこの落書きアートな

パッケージを持ち歩く。

f:id:soupirdange:20220816010525j:image

するとやはりすれ違う人にガン見される。

もちろんお洒落ではあるので、恥ずかしいとかはない。

ただ、もはや何屋の何を飲んでいるのかは傍目からは分からないと言うのが本音だろう。

f:id:soupirdange:20220816010734j:image

にしても……ラフすぎる(笑)

 

でも毎回パッケージが変わる故、

私は「今日のパッケージはなんだろう?」などと

そのクセの強さをむしろ欲してた感はある。

 

だってヒゲでロン毛の無愛想なマスターが

どんな思いで、このパッケージを作っているのだろうと想像するだけでカオスではないか!

f:id:soupirdange:20220816011210j:image

コーヒー屋のコーヒーとは程遠い見た目の

ジャームッシュのコーヒー。

 

やはり只者じゃなかったと痛感している次第である。

 

ランキング参加中ですので、下記のバナーを押して下さいね♪

↓   ↓   ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

ハイテンションの鬼子母神

f:id:soupirdange:20220816094959j:image

今から5年前……夏祭り。

雑司ヶ谷鬼子母神堂での一コマ。

何故あんなにテンションが上がったのか。

その日はたまたま用事があり、

ほとんどはじめての雑司ヶ谷にやって来ていた。

友人との待ち合わせには

まだだいぶ時間がある為、駅周辺を散策する事にする。

f:id:soupirdange:20220816095518j:image

何処か時間が潰せそうな場所は……

スマホ雑司ヶ谷周辺を調べてみる。

するとまず真っ先に出てきたのが「鬼子母神堂」。

興味深いのは、

その鬼子母神堂の中には、樹齢600年のイチョウのきが祀られているとのこと。

f:id:soupirdange:20220816160638j:image

更に境内には日本最古の駄菓子屋さんがあるらしい。

これは空いた時間を有意義に過ごせそうだと

気持ちを弾ませながら鬼子母神堂へ向かう。

すると、

何と昼間から夏祭りが絶賛開催中ではないかっ!

f:id:soupirdange:20220816160930j:image

夏らしい彩りのラムネに舌鼓を打ったり、

f:id:soupirdange:20220816161016j:image

「夏祭りでモテるのはイケメンでも、金を持ってる奴でもなく遊びが上手いヤツなんだぜっ!」

f:id:soupirdange:20220816161340j:image

とひとり鼻息荒くトライするスーパーボウルすくい(ちなみに獲れたのは二個💦)

f:id:soupirdange:20220816161402j:image

締めは日本最古の駄菓子屋「上川口屋」でまったり。

何だか随分はしゃいだなぁ〜と腕時計をみる。

 

……14時57分⁉︎

友人との待ち合わせが14時だから……

そこから自分でも引くくらいのダッシュで駅まで向かった。

スマホには無数の着信履歴。

それはもう、ただただ平謝りしたという話(笑)

何故あの時あんなにテンション上がって

はしゃいでしまったのか自分でも謎である。

 

ランキング参加中ですので、下記のバナーを押して下さいね♪

↓   ↓   ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

ドヤ顔でミラー越しの空

f:id:soupirdange:20220814235059j:image

ミラー越しの空。

とにかく私はそれを写真に収め続ける。

しかもドヤ顔で……

友人に勧められるがまま始めたインスタ。

何とか今年で7年目である。

未だに「映える」が何なのかよくわからない。

f:id:soupirdange:20220814235347j:image

当時、お洒落なインスタ写真をしらみ潰しに調べた。

その中で一際お洒落でハイセンスと感じたのが、

この「ミラー越しの空」なのである。

f:id:soupirdange:20220814235549j:image

空の鮮やかで美しい風景を「あえて」ミラー越しから表現する手法に私は惚れ込んだのである。

自身のインスタに「映える」写真を増やすべく町中のカーブミラーを探した。

ただミラーから空を映せば良い訳ではない。

f:id:soupirdange:20220814235834j:image

季節や朝晩などの風景をミラーに映り込ませながら、背景とのコントラストも強調する。

何だか難しい蘊蓄を語っているが、大丈夫。

私もよく分かってないから(笑)

f:id:soupirdange:20220815000143j:image

一つ言えることは、

ミラー越しの空を撮影している私は

少しイラッとする程ドヤ顔をしているという事だ。

オシャレな、女子が上げる空……

何故か特別なセンスがあるかの様に感じさせる。

そう、

私は今だにカメラのレンズから顔を上げた時には

「やったぜっ!」と言わんばかりのドヤ顔なのだ。

f:id:soupirdange:20220815001238j:image

私の「ドヤ顔でミラー越しの空」写真はまだまだある。

今後、これはシリーズでブログ化したい。

 

街中でカーブミラーにドヤ顔でカメラを向けてる

オッサンを見かけたら、

それは恐らく私だ(笑)

 

ランキング参加中ですので、下記のバナーを押して下さいね

↓   ↓   ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

アレルギー持ちのアクセサリー好き

お洒落な人はだいたい小物使いが上手だ。

それは洋服ほど目立たず、

けれどもしっかりとアクセントになる。

アクセサリーも主張の激しいモノより

さりげなく身に付けている人が

圧倒的にオシャレに見える。

f:id:soupirdange:20220811090814j:image

私はアクセサリーは身に付けない。

だからお洒落じゃない……という訳ではないが(自分で言うのもなんだが)、

やはりつけた方がワンランク上のお洒落は

楽しめると思う。

 

ただ私は生来皮膚があまり強くない。

例えばシルバーも若い頃はリングやブレスレットなどを付けてはいた。

しばらくするとアクセサリーを付けている箇所がムズムズしてくる。

もう完全なアレルギー反応を起こしている。

f:id:soupirdange:20220811091220j:image

それでも若い頃は皮膚が荒れようが、

我慢して付けていた。

しまいには皮膚科で治療しながら、

皮膚を荒れさせるという意味のわからないことになっていた。

f:id:soupirdange:20220811033134j:image

ある程度年齢を重ねて、

ファッションもよりシンプルな装いになったことで必然的にアクセサリーは付けなくなっていった。

だが、街中でさりげなくアクセサリーや小物を使ってコーディネートしている人を見ると

「やっぱり良いなぁ〜」と思うのである。

f:id:soupirdange:20220811091233j:image

アクセサリーを

付けたい、いや付けたくない……

その押し問答の上、

数年前より実用的なモノをアクセサリーにしようと思うに至ったのである。

つまりアクセサリーに利便性を持たせるということ。

 

その利便性を最もファッションで体現できるのは、

腕時計しかない。

ある程度カジュアルであまりハイブランドすぎないモノ。

しかもやはり素材はメタルちっくなモノが好ましい。

私の愛用アクセサリー兼腕時計はメタル製の「Gショック」。

しっかりとした重厚感とゴツさがあり、

メタルの高級感もあるので、それ一つだけで

十分な存在感になる。

f:id:soupirdange:20220811091330j:image

アクセサリーって、

身につけることが習慣化すると、

反対にないと落ち着かないというか、不安になる傾向がある。

案の定私もこのメタル製Gショックを身に付けないとなんだか腕まわりが軽くて落ち着かない。

f:id:soupirdange:20220811091341j:image

だからこの腕時計も私の超お気に入りで、

肌身離さず着用している。

f:id:soupirdange:20220813123232j:image

だが、最近腕周りがいささかムズムズする。

まさか…メッキアレルギーが発動したのかもと

戦々恐々とした毎日なのである。

 

ランキング参加中ですので、下記のバナーを押して下さいね♪

↓   ↓   ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

賑やかなガキんちょからトホホな時の鐘まで

f:id:soupirdange:20220801012634j:image

だいぶ前になるが、

埼玉県川越市にノスタルジーを感じたくなり、

ちょっとした古都散策にいった。

 

川越は江戸時代は城下町として栄え、

国の歴史都市に認定されている場所である。

かの有名な時の鐘や情緒あふれる街並み、お洒落なカフェやベイカリーなど

実は見どころ満載の街なのだ。

f:id:soupirdange:20220801012644j:image

「都心から電車で小一時間程で来られるなんてっ!」

と思わす感嘆してしまうような美しい町並み。

まさかの斬新な風景に我を忘れて歩き回った。

 

するとやはり腹が減る。

歩きながらでも食べられるもの・・・

やっぱりおやつ(ずいぶん無理やりだが)

駄菓子屋横丁などと言う素敵なネーミングの通りへ。

f:id:soupirdange:20220801012654j:image

きいろっ!!

目がチカチカする程の黄色の子供たちで駄菓子屋はごった返していた。

小学生でもこれだけの人数いると、

ちょっと圧倒されるな・・・なんて思いつつ

駄菓子の元締め的なあのお菓子のところへ。

 

・・・・・・!?

マジかっ!

ないじゃないか、ふ菓子がっ!!

この賑やかなガキんちょたちにごっそりと持ってかれて

跡形も無くなったふ菓子の棚を眺めながら

頭の中で悪態をつくというなかなか器用な真似をしつつ

 

「私にはまだあの場所がある」と気を取り直すのである。

 

そう、川越に来た最大の目的であるあの場所。

f:id:soupirdange:20220801012634j:image

・・・・・・!?

まっ、マママママママジかっ!!!

工事中!?

そうなのである。

よりによって川越最大の名物「時の鐘」は絶賛工事中だったのである。

トホホ・・・

そう言えば、学生時代の修学旅行で北海道に言った際に

札幌時計台が工事中だったっけ。

 

賑やかなガキんちょからトホホな時の鐘まで

私の切ない古都散策は終わりを告げるのであ・・・・

や、まだ諦めるのは早い!

川越散策をハッピーに終えるアレがあるじゃないか!

f:id:soupirdange:20220801012755j:image

快晴の青空の下、なんとかこいつでハッピーエンドになったとさ(笑)

 

ランキング参加中ですので、下記のバナーを押して下さいね♪

↓   ↓   ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村