天使の溜息ブログ

日常をちょっぴり豊かに

素晴らしき荻上直子の世界

f:id:soupirdange:20220925163951j:image

以前のブログでも小林聡美作品が好きだと、

言ってきたが、特にお気に入りは「かもめ食堂」や「めがね」という作品である。

そしてその作品達を生み出しているのが監督、

荻上直子である。

f:id:soupirdange:20220925164000j:image

彼女の世界観というのか、作風というのか、

まあとにかく心地良いのである。

荻上作品は「大きな出来事」は起こらない。

ただし日常の中にあるささやかな「非日常」を淡々と紡いでいくといった感じである。

f:id:soupirdange:20220925164122j:image

その世界観を映像として具現化していくのが、

女優小林聡美もたいまさこなどのレギュラーメンバー達なのである。

f:id:soupirdange:20220925164013j:image

私は監督、荻上直子作品の中に「人が存在する価値」を見いだす。

どんな人間であろうと、その人がこの世に存在する価値があり、人生を楽しむ価値があるというメッセージを受け取る。

f:id:soupirdange:20220925164103j:image

何気ない生活の中で出会う人々との会話、

日々の食卓風景、

いつもの景色………

どの作品も「あなたの生きる世界はこんなにも素晴らしいですよ」と言ってくれているように思う。

だからこそ、グッと心に刺さり涙が出てしまう。

f:id:soupirdange:20220925164041j:image

コミカルでシニカルでロマンチックでセンシティブ。

それが荻上直子作品たちなのである。

そして先日、待望の荻上直子監督の新作、

「川っぺりムコリッタ」を拝観してきた。

f:id:soupirdange:20220925164149j:image

いつもの俳優陣ではなかったが、実に「有意義な映画」であった。

松山ケンイチムロツヨシ満島ひかりなど、

個性派俳優達の「個性を抑え」た演技に胸を打つ。

今回の作品撮影に際して、荻上直子は俳優陣に「やり過ぎ」や「個性」を抑えるように演出したという。

一見、のんびり楽しく暮らす人々であって、

各々が抱える「苦悩や葛藤」は誰にもわからない。

なぜならそういった喜怒哀楽がその人の人生を形作っているのだから。

出演者たちの「抑えた」演技はまさに秀逸で、

それぞれの役の内面にある「静かな雑踏」みたいなものが、

見ていて感情に訴えてくる。特に今回のムロツヨシには感嘆した。

f:id:soupirdange:20220925164251j:image

彼の特徴である「いい意味での余計な演技」が全くなく、

それでもムロツヨシの存在感は際立つ。

他の役者もそうだ。

各々がいかにも「闇を抱えてます」的なクサイ演出ならば

きっと胸を揺さぶられる事はなかったであろう。

どこか不器用で大雑把に見える佇まいと、

人生の大きな幸福を諦め、日々の些細な幸福を紡ぐという

スタンスに共感する。

f:id:soupirdange:20220925164301j:image

荻上直子の世界観は普遍的な日常生活の中にこそある。

私を含め映画を見ている人全てが経験するであろう日常的感情を

ちょっとしたスパイスに乗せた演出で、「明日への活力に変換する」

からこそ心地良いのだと思う。

f:id:soupirdange:20220925164133j:image

人生はそうそう大きな出来事などない。

でもそんなものがなくても、日常生活はいつだって

ドラマティックなのである。

そんな素晴らしき荻上直子の世界は今度も多くの人の

心を幸福で満たしてくれるであろう。

 

いつもクリックありがとうございます♪ 

↓   ↓   ↓

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

私的オススメの3冊【その弍】

自分の趣味、特に読書は自分の内面を覗かれているようで、

あまり人にはオススメしない・・・

などと言いながら、前回のブログが好評だったので

懲りずに第二弾を書きたいと思う。

あらかじめご了承いただきたいのだが、

ご紹介させていただくのは、あくまで私の主観であり

どなたにとっても面白いと感じられるものではない。

ただそれでも、皆様の参考の一つにでもなれば幸いと思うだけである。

 

恩田陸夜のピクニック

f:id:soupirdange:20220926190842j:image

第二回本屋大賞受賞作品で名作中の名作。

「みんなで、夜歩く。たったそれだけのことなのにね。どうして、それだけのことが、こんなに特別なんだろうね」・・・・・

主人公は二人の高校三年生、西脇融と甲田貴子。

彼らの因縁と小さな「賭け」の行方・・・

高校生活最後のイベント「歩行祭」で弾けんばかりの青春物語が展開られていく。

ただ「歩く」という行為の中に途方もなく緻密なプロットを作り上げ、淡々と織りなしてく様は見事である。

さらに脇役たちの人柄やその年齢ならではの些細な感情が甘酸っぱくもあり懐かしい感覚に囚われてしまう。

ほとんどの読者はおそらく「歩行祭」などやったこともないだろうが、読後なぜか懐かしい郷愁に耽ってしまうってすごい。

おもわず誰かと同じ感覚を共有したくなってしまうほど素晴らしい作品。

 

小川洋子「ことり」

f:id:soupirdange:20220926190851j:image

「小鳥達は僕たちが忘れてしまった、言葉を話す」という一説にこの作品の全てが集約されている。

主人公の小父さんの幼い頃、大好きな兄が急に鳥の言葉しか話さなくなる。

その言葉を唯一理解できる小父さんは、

ある種「二つの世界を繋ぐ橋渡し役」となる。

この小父さんのとってもピュアで不器用な人間性と素朴ながらも美しいルーティンが読んでいくうちに、

どっぷりとその世界に引き込まれていく。

小川洋子の澄んだ世界観が余すところなく詰まった作品と言える。

 

原田マハ「キネマの神様」

f:id:soupirdange:20220926190901j:image

映画を愛する登場人物達が紡ぎ出す物語に興奮し続けてしまう作品。

中でも作中語られる「ニューシネマパラダイス」やアルモドバル作品などいちいちコアな映画ファンのツボをついてくる。

コミカルな意味でも秀逸であるが、

最後にはほろっとしてしまうような心温まる作品。

「楽園のカンヴァス」、「暗幕のゲルニカ」などの絵画を題材とした作品が主ではあるが、いずれにしても原田マハの素晴らしい物語構成力に感嘆としてしまう。

つまりはこの作品こそ最高のエンターテイメントなのである。

ちなみに文庫本では片桐はいりの解説もものすごくいい。

 

以上3冊をご紹介させていただいたが、

やはりこうして書き終わると、恥ずかしさが込み上げてくる。

やっぱり参考になどなさらないで頂きたい(笑)

 

いつもクリックありがとうございます♪ 

↓   ↓   ↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

Do the Right Thing

f:id:soupirdange:20220925222024j:image

ただただ衝撃的。

そう、当時はあまりに衝撃的であった。

90年(アメリカでは89年)に公開された映画、

「Do the Right Thing」。

f:id:soupirdange:20220925222007j:image

監督はスパイクリーである。ご存知の方も多いとは思うが、

この映画がきっかけで彼はまさに時代の寵児となった。

当時はまだまだナイーブであった過激な黒人差別へのアンチテーゼ。

とにかくあらゆるモノが衝撃的であった。

まず映画開始数秒でその衝撃が訪れる。

f:id:soupirdange:20220925222522j:image

主題歌パブリックエネミーの「Fight the Power」が物凄いテンションで流れ出す。

曲に合わせてレオタード姿の女が軽快なダンスを踊る。

当時はまだ黒人カルチャーなどさほど流入していない時代である。

ましてやラップなどはまだ認知などない。

それでも観客たちは未経験の音楽で一気に作品に傾倒するのである。

主題のとおり「正しい行いをする」ということを問う映画である。

f:id:soupirdange:20220925222452j:image

黒人街のイタリア人のピザ店を中心に、

同じ街に住む隣人同士のちょっとした諍いが、

大きなトラブル、暴力へと発展していく様子を生き生きと描写している。

f:id:soupirdange:20220925222558j:image

決して黒人が正義だとは謳っていない。

それぞれの立場に立つと誰もが悪人ではなく、

ちょっとやりすぎたり、引っ込みがつかなくなったりした

トラブルが大きな悲劇に発展していくのである。

登場人物それぞれが、自分の正しいと思った行動を行った結果である。

はたしてそれは「正しい行い」なのか。

f:id:soupirdange:20220925222244j:image

またオープニングで流れた、パブリックエネミーの「Fight the Power]。

闘うべき権力とは一体何なのか。

鬼才スパイクリーが描くコミカルかつシリアスな黒人社会を背景に本来あるべき人間の営みを見るものに深く考えさせる強烈な作品なのである。

f:id:soupirdange:20220925222307j:image

映画の最後にマーチン・ルーサー・キングの言葉が全てを集約している。

 

「人種差別に暴力で闘うのは愚かなことである。

暴力は破滅に至らせるらせん状の下り階段で、

目には目をの思想はすべてを盲目に導く。

暴力は敵の理解を求めず、敵を辱める。

暴力は愛ではなく憎しみを糧とし、

対話ではなく独白しか存在しない

社会を生む。そして暴力は自らを滅ぼし、

生き残った者の心には憎しみを、

暴力を振るった者に残虐性を植え付ける。」

f:id:soupirdange:20220925222340j:image

実に明快で潔い。

この映画の真意はそこなのだ。

それをこれほど強烈かつファンキーな趣向で作り上げた

スパイクリーの才能はその後の「マルコムX」で完成を見るのである。

f:id:soupirdange:20220925222143j:image

 

いつもクリックありがとうございます♪ 

↓   ↓   ↓

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

ごめんよ清澄白河

f:id:soupirdange:20220919092918j:image

清澄白河

東京は下町情緒あふれて、水辺の景色も楽しめる街である。

これは私個人の無知さからくるものであるが、

正直「清澄白河って何があるの」と思っていた。

だからわざわざそこへ赴く事はない。

別に知り合いがいるわけではないし、贔屓にしているお店や場所があるわけではない。

ただ無知であるという事は怖いものである。

人生初の清澄白河が私をあんなにも夢中にさせるとは。

 

数年前仕事の諸用で清澄白河に降り立った。

早々に仕事が終わった私は、「さて、どうしたものか」と時計を確認する。

12時40分…

ちょうど飯時である。

そう言えば朝からまだ何も食べていない。

「何が腹に入れて帰るか」と店を探しはじめる。

いかんせん清澄白河ははじめてだし、清澄白河に何かを期待しているわけでもないので、目当ての場所などあるはずもない。

そこで「清澄白河 ランチ」で検索。

f:id:soupirdange:20220919092927j:image

すると「深川めし」なるものがあるらしい。

たっぷりのアサリを甘辛く煮た丼である。

これは旨そうだ!

早速一番近くにありそうなおススメ店へ行く。

平日ではあったが、店内は激混み。

どうやら海外からの客も何組か混ざっているようだった。

まぁ、後の予定がある訳ではないので、

気長に待つ事にする。

待ち時間に清澄白河に「何があるのか」を調べてみる。

すると……あるわあるわ!

どうやら清澄白河は近年「カフェの街」としてにわかに注目を集めているらしい。

お洒落で個性的なカフェが目白押し。

にわかコーヒー通の私は好奇心を抑えられずに、

出された深川めしを掻き込む。

美味い!

ぷりぷりとしたアサリの食感、程よくだしの効いた茶飯、シャキシャキとしたネギのアクセント。

深川めしは私のテンションをいとも簡単にマックスまで上げた。

腹が満ちた私はいざ「カフェの街、清澄白河」を堪能しようぞ!と勢い勇んで出発した。

f:id:soupirdange:20220919093727j:image

まずは「ブルーボトルコーヒーフラッグシップショップ」

まさかのブルーボトル日本進出一号店である。

何故清澄白河に?

f:id:soupirdange:20220919093908j:image

という疑問はあるが、広々とした店内とお洒落な雰囲気に包まれて実に心地良い。

お決まりのインスタ写真を撮るという俗っぽさを存分に発揮して次の目的地へ。

そこはスマホ検索中、一発で私のハートを射抜いたのである。

カフェ「The Cream of the Crop Coffee」

f:id:soupirdange:20220919092918j:image

清澄白河駅周辺からはかなり歩くが、「カフェを一目見ずには帰れない」と不慣れな街を散策しつつ向かう。

途中アメリカのお洒落なガレージ風のケーキ屋があったりと、私の清澄白河評価をグングン上げてくる。

f:id:soupirdange:20220919093947j:image

そして歩きに歩いて、ついに到着!

焙煎工房がそのままカフェになった「The Cream of the Crop Coffee」。

f:id:soupirdange:20220919093928j:image

店内は重厚な焙煎機に囲まれ、今まさにガラガラと豆が焙煎されている。

これでもかと、漂うコーヒーの香ばしい香りに包まれて至福の時を過ごす。

f:id:soupirdange:20220919093936j:image

最高だ。

もはや言うことはない。

この清澄白河という土地は私の無知をそれこそ打ちのめした。

私はただただ頭を垂れるしかない。

ごめんよ清澄白河(笑)

 

いつもクリックありがとうございます♪ 

↓   ↓   ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

違いが分かる風な男

f:id:soupirdange:20220919094326j:image

私は「違いが分かる男」ではない。

でも、いつもカッコつけて違いが分かる風にする。

洋服にせよ、食事にせよ。

まぁ、これらは自分の内なる面でのことなので、

他人に迷惑はかけてない。

なんとなく眉間に皺を寄せ、したり顔で物色する。

内なる面だからなんとかなっているが、

コレを人前でやったら興醒めである。

中でも私が「違いが分かる」風にしてしまうのが、

コーヒーである。

f:id:soupirdange:20220919094341j:image

いかにも蘊蓄ありげな感じに一口飲んでは、

余韻に浸る。調子の良い時などは一口コーヒーを含み、おもむろに目を閉じてワインのテイスティングよろしく味わったりするのである。

こんな時はもはや誰の手にも負えない。

でもやはり自分の内なる面だけの事なので問題ない(でも側から見たら怖いだろうが)

グアテマラは蜂蜜の様な甘味が……

ブラジルはフルーティな味わいで……

まさに蘊蓄の受け売りをずっと内面で発している。

正直、コーヒーのマニアックな部分など分かるはずもない。

にわかバリスタなのだから。

f:id:soupirdange:20220919094359j:image

それでもコーヒーは好きなので、拘りたい気持ちなのだ。

カフェに行っても、一応飲まんとするコーヒーの特徴を確認して、やはり分かった風で味わう。

そしてお決まりのインスタ用の写真を女子のように撮るのである。

もちろんインスタにそのカフェのコーヒーがどうとかといった蘊蓄は語らない。

あくまで自分自身の価値観は自分の中に留める。

ただ単純に「今日は◯◯の何々コーヒーを頂きました」的な程度である。

f:id:soupirdange:20220919094431j:image

数年もそんなくだらない自己満足を続けていたが、ひとつ発見もあった。

それはインスタで写真を見返した際に、意外と舌が記憶として覚えているという事だ。

◯◯のコーヒーはかなり酸味がきつかったな、

または◯◯はさっぱりと飲みやすかった等など。

「違いが分かる風」なにわかバリスタなのだから、細かい産地や特徴を述べられる訳ではない。

でも画像からハッキリと味が連想出来ているのには自分自身驚いた。

f:id:soupirdange:20220919094447j:image

「ひょっとしたら、違いが分かる男かも……」と密かに思いながら、今日も違いが分かる風に装うのである。

 

いつもクリックありがとうございます♪ 

↓   ↓   ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

「ねぷす」の1日

f:id:soupirdange:20220914202707j:image

これまで様々な国内旅行に赴いたが、最も印象深く「また来よう!」と思えたのは奄美大島である。

自然や食事、風土と良かった点はたくさんあるのだが、奄美旅行を彩る最大の要因の一つが「宿」である。

初めて奄美大島に行こうと決めた際、私に与えられた宿泊数は2日しかなかった。

その中でいかに効率良く観光とアクティビティをこなせるかに焦点を絞った。

当然「宿を最優先」に考えると行き先が限られる。

そんな中、「現地で果すべき目的」を最優先に宿を考える。

いくら日本有数の観光地奄美大島といえど、

そうそう自分達の都合に合わせた効率重視でホテルや旅館など存在しない。

しかし期間は2日間しかないのである。

いろいろ調べたところ、「民泊」が効率が良さそうだという事になる。

ホテルや旅館ほど綺麗でも豪華でもなかろうが、まぁそこは「移動のし易さ」だけにフォーカスして決めた。

場所は奄美大島の最南端にある民泊「ねぷす」。

f:id:soupirdange:20220914202740j:image

気の良いオヤジがひとりと猫が2匹と犬が1匹で運営がなされている。

f:id:soupirdange:20220914202805j:image

まずは外観はボロボロだが、中は意外にキレイにされており非常にリラックス出来そうである。

f:id:soupirdange:20220914202840j:image

また、オヤジがをはじめ猫と犬がとにかく人懐っこいのだ。

飼われていたとしても、あそこまで堂々とされたらこちらが恐縮してしまうくらいである。

f:id:soupirdange:20220914202754j:image

そしてわざわざこの民泊「ねぷす」を選んだ最大の理由が「嘉鉄海岸」が眼前に広がるというところだった。

日数の関係でどうしても行けなかったのが「加計呂麻島」である。

実はこの嘉鉄海岸からはその加計呂麻島がはっきりと見えるのである。

せめて加計呂麻島を拝みながらのアクティビティを!というのが目的であった。

f:id:soupirdange:20220914202853j:image

日中は思う存分海に潜り、自然を満喫。

夜は……正直宿の食事など期待していなかった。

ところが、だ。

ホテルや旅館とはまた違った実に家庭的だが魅力的な食事が出てきた!

「オヤジ、ごめん」と心の中で呟きながら、食事に興じる。

f:id:soupirdange:20220914202904j:image

その後オヤジが「浜飲みは行かないのかい?」との提案があった。

浜飲み?

そう、文字通り浜で酒を飲むのである。

浜に向かおうとすると、オヤジが「あっ、コイツもついてくから」と言った。

こいつとは?

足元を見ると宿の猫。

f:id:soupirdange:20220914202915j:image

こいつが我々をエスコートしてくれるらしい。

夜になると、一切の光が遮断される海岸は真っ暗で波の音だけが側で聞こえる。

空には都心では味わえない程の満天の星。

ただただ最高である。

これは民泊のフランクな環境だからこそ得られた体験かも知れない。

ただし、一つ注意点もある。

それは「ヤドカリ」である。

f:id:soupirdange:20220914202938j:image

昼間は全く見なかった彼らだが、夜になると道端に普通に出現する。

しかも大きさが尋常じゃない。

このハサミに挟まれたら……シャレにならない。

とは言えこの民泊「ねぷす」の得難い経験を満喫したのである。

気の良いオヤジと猫2匹と犬1匹に、今更だがこの場を借りてお礼を言いたい。

f:id:soupirdange:20220914202952j:image

 

いつもクリックありがとうございます♪ 

↓   ↓   ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

クマも食いつくドーナツ

f:id:soupirdange:20220906003937j:image

私はドーナツという食べ物が嫌いだ。

や、厳密にいうと嫌いであった。

何だかパサパサして油っぽく、そして甘ったるい・・・

生来甘いものが苦手な私はあえてそこに手を出す必要性を見出せなかった。

日本の国民的定番のミスタードーナツでさえ例外ではない。

ではなぜ好んで食べるようになったのか、

それは・・・クマも食いつくからである。

f:id:soupirdange:20220906003945j:image

私が住む東京都の学芸大学という街には人気のドーナツ屋さんがある。

「ヒグマドーナツ」という外観も非常にオシャレなお店である。

それこそインスタグラムなどでも話題で平日であっても若い女性やカップルで賑わうようなお店である。

f:id:soupirdange:20220906003959j:image

そんなドーナツ屋さんが近所にあるお陰で、前を通る機会は必然的に増えてしまう。


ドーナツのあの揚げた油の匂いが苦手というのもあって敬遠していたのではあるが、

前を通るたびに程よい香ばしさと、ほんのり甘いフレイバーが

鼻腔をくすぐるのである。

大前提として「甘いものが苦手」ということもあり、

しばらくの間は何だか自分の持っているこれまでのドーナツとは違うかな、と思いつつも

素通りしていた。

f:id:soupirdange:20220906004033j:image

ある時会社の同僚に差し入れでこのドーナツを持って行った。

これはまずは私以外の人間に食べさせてその感想を聞こうというあざとい考えに基づいている。

結果、その人も大絶賛。

彼らの言い分は「もちもちとした食感と甘すぎない味、そして何よりドーナツ生地の味がとにかく旨い!」そうだ。

定番のオールドファッション然り、チョコやきな粉、

はたまたシュガーや抹茶。そしてラズベリージャム。

f:id:soupirdange:20220906004045j:image

同僚たちの意見を目の当たりにし、すぐに私の足はこの「ヒグマドーナツ」に向かっていた。

流石に大人買いは危険だったので、まずはオールドファッションとラズベリーを購入。

意図としては最も食べられそうなものと食べれなそうなもの。

これを両方問題なく食すことができれば、他のものは全て食べられるはずだ。


いざ実食。まずはオールドファッションを一口。

約十数年ぶりのドーナツは私自身が認識していた食感とはかけ離れていた。

もはや私の知っているドーナツという食べ物ではない。

もっちもちの食感と甘過ぎず、小麦を揚げた香ばしい香りが鼻を抜けていく。

「これは旨いっ!」とペロリと完食。

続いてはラズベリーを実食。

流石にこちらは難しいと踏んでいたが、中に入ったラズベリージャムの酸味が強烈に味覚を刺激する。

そこにドーナツ生地の香ばしくほんのりとした甘さが心地よい。

f:id:soupirdange:20220906004059j:image

これは本当に驚きであった。

まさか自分があの嫌いであったドーナツを克服できたなんて。

や、克服はしていない。これは「ここのドーナツなら食べられる」ということだ。

それでもドーナツがこんなに美味し物かと感激したのを覚えている。

今は少なくとも月一で通い美味しくいただいているのである。

f:id:soupirdange:20220906003937j:image

それにしてもお店のシンボルである木彫のヒグマも食いつきたくなる筈だ。

だって私でも癖になったのだから。


いつもクリックありがとうございます♪ 

↓   ↓   ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村